『きなり』の効果は?

『きなり』の効果は?

 

DHA&EPAサプリ選びで、その効果をみるときに大事なポイントは2つあります。

 

どれだけの量のDHA&EPAが含まれているのか

DHA&EPAが吸収される仕組みがあるのか

 

 

DHAが十分な量含まれていて、それが体内にしっかり吸収されなければ効果は期待できません。

 

 

この効果面で大事な2つのポイントを『きなり』の場合でチェックしてみました。

 

 

 

どれだけの量のDHA&EPAが含まれているか?

 

 

1日のDHA&EPAの摂取量は1000mgと言われていて、その内サプリでの摂取目安は500mgだと言われています。

 

ちなみに、この500mgという摂取量は、マグロの赤身の刺身5人前に相当します。

 

ということは、効果を考えて十分な量のDHA&EPAを毎日摂取するためには、1日分に500mgのDHA&EPAがサプリメントに含まれている必要があります。

 

 

きなりの1日当たりの摂取量は、1日4粒で500mgとなっています。

 

 

きなりには、効果が期待できる、1日に必要なDHA&EPAの量がしっかり含まれているようです。

 

 

成分表などでDHA&EPAが効果が期待できる量、しっかり含まれているかチェックしてみましょう。

 

大手メーカーのサプリでもかなり少ない量しか含まれていないものもありますし、飲む錠数は少ないけれど1日の必要摂取量に足りていないサプリもありますので注意しましょう。

 

 

DHA&EPAが吸収される仕組みがあるのか

 

 

DHA&EPAは、水になじまないため吸収率が悪いと言われています。

 

そのため、吸収率を高めてくれる工夫がされていないと、いくら十分な量のDHA&EPAを摂取しても効果は期待できなくなってしまいます。

 

 

きなりには、クリルオイルという一般的な魚油とは違ったDHA&EPAが使用されています。

 

このクリルオイルが、成分を酸化させずに吸収される効果を高めてくれるので、きなりは吸収率が高く効果が期待できるDHAサプリと言えるようです。