『きなり』は認知症予防に効果のあるサプリなの?

きなりは認知症予防に効果があるの?

 

認知症を予防に効果のあるサプリは、一般的にEPA&DHAサプリが効果があると言われていますが、その中でも、なぜ『きなり』は効果があるサプリでおすすめされているのでしょうか?

 

その理由は、EPA&DHAの含有量が他に比べても多いということのようです。1日に必要な摂取量は1000mgと言われていますが、きなりには1日当たり500mgが含まれています。大手メーカーのサプリに比べてもその量は明らかに違います。

 

また、きなりは魚臭くないことも、他のEPA&DHAサプリとは違う点だと思います。

 

認知症予防のEPA&DHAサプリは、値段が高いものが多いですけど、きなりは返金保証があり、お試し価格から安く試せることも人気の理由のようです。

 

DHAサプリが認知症予防におすすめな理由は

 

認知症予防のためのサプリメントには、DHAが効果があると一般的に言われています。

 

認知症予防を専門にしたサプリメントもありますが、DHAは血液サラサラなどでもよく知られているサプリメントで、馴染みがあり安心して飲めることが人気の理由にもなっています。

 

 

では、なぜDHAが認知症予防に効果があるのでしょうか?

 

その理由は、

 

  • DHAには脳細胞の活性化を助けてくれる働きがある
  • 認知症の原因となる脳血管障害の予防をしてくれる

 

この2つがDHAの作用としてあるからだと言われています。

 

DHAは脳細胞の活性化を助けてくれる

 

DHAを摂取することで、脳細胞の働きを助ける栄養素であるNGF(神経成長因子)が増えることが最近の研究で発表されています。

 

NGFはアルツハイマー型認知症の発症予防に役立つ成分として注目されています。

 

このようなことから、DHAがアルツハイマー型認知症の予防には効果的があると言われています。

 

DHAは脳血管性認知症を予防してくれる

 

認知症のタイプで、アルツハイマー型認知症の次に多いのが脳血管性認知症です。

 

脳血管性認知症は、脳の血管が詰まることで脳神経細胞が障害を受けることで発症するため、脳血管が詰まらないように予防することが大事になってきます。

 

DHAには一般的に良く知られている血液をサラサラにしてくれる効果があるので、血栓ができないように予防してくれる効果があります。

 

 

実際に、脳血管性認知症の方にDHAを投与したところ、8割近い人に改善効果が見られたという報告もあるようです。

 

これはDHAによって、脳細胞が活性化したことと、脳血管の障害予防ができることが、その理由だと考えられているようです。

 

物忘れが気になる人向けの説明もこちらのきなりの公式サイトで説明しています。